両陛下、プリツカー賞授賞式に 風邪で休養後、初の外出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 天皇、皇后両陛下は20日、東京・元赤坂の迎賓館赤坂離宮を訪れ、建築界のノーベル賞といわれ、優れた建築家に贈られる米プリツカー賞の授賞式に臨席された。陛下にとって、風邪の症状が出て一部行事を取りやめた15日以降、皇居外での初めての公務となった。

 今年の受賞者は、スペインで共に建築設計事務所「RCRアーキテクツ」を営むラファエル・アランダ、カルメ・ピジェム、ラモン・ベラルタの3氏。

 授賞式で、ピジェム氏らのスピーチに笑顔で拍手を送った両陛下は、その後の懇談の席で3氏と握手を交わし、祝福の言葉を掛けていた。