ペリー提督の子孫も条約再現劇に 開国の地、静岡・下田で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 幕末の開国の地として知られる静岡県下田市の了仙寺で20日、日米和親条約の細目を定めた下田条約の調印場面を再現した劇が上演された。ペリー提督の子孫ルイス・H・ヒズロットさん(75)もペリー提督の副官役で初めて出演し、会場を沸かせた。下田条約は1854年、了仙寺で調印された。

 同市でほぼ毎年開かれている黒船祭の恒例イベント。英語ができない日本人の通訳や大げさに慌てる江戸幕府の役人を、県や市の職員、留学生らがコミカルに演じた。

 「条約調印」後は、出演者と観衆が一斉に万歳三唱して幕を閉じた。