村田―エンダム「再戦求める」 WBA会長がツイッターで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 判定で敗れ、ぼうぜんとする村田諒太(右下)。左上は喜ぶアッサン・エンダム陣営=有明コロシアム

 世界ボクシング協会(WBA)のヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長は21日までに自身のツイッターで、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)がアッサン・エンダム(フランス)に判定で敗れた20日のWBAミドル級王座決定戦について、世界戦を統括する関係部署に「再戦を命じるよう求める」との考えを示した。WBAの公式サイトも20日付で同じ内容を伝えている。

 メンドサ会長は試合を検証、自身の判定では117―110で村田の勝ちとし「村田、帝拳プロモーション、全ての日本のファンにおわびする」と記した。(共同)