北朝鮮の外貨収入減必要と岸田氏 中国企業制裁も選択肢

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 岸田文雄外相

 岸田文雄外相は21日のNHK番組で、北朝鮮がさらなる挑発行為に踏み切った場合に国連安全保障理事会では、北朝鮮と取引している中国企業への経済制裁も議論の選択肢になるとの認識を示した。「外貨収入をいかに減少させるか。国際的な協力を働き掛けていかなければいけない。最も効果的な対応は何かを国際社会と連携しながら探る」と述べた。

 岸田氏には、米政権と歩調を合わせ、中国にさらなる圧力強化を求める狙いがある。トランプ米政権が、北朝鮮が6回目の核実験などを強行すれば、安保理で追加制裁決議の採択を目指す方針であることを踏まえた。