韓国外相候補に国連幹部 文大統領が人事発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 韓国外相候補に指名された康京和氏(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は21日、外相候補に女性の康京和・国連事務総長特別顧問=政策担当=(62)を指名、大統領府の国家安保室長に鄭義溶・元ジュネーブ代表部大使(71)を充てるなどの人事を発表した。文氏は康氏の指名について「国際舞台で積んだ専門性とネットワークを生かし、敏感な外交懸案を乗り切る適任者」と説明した。

 文氏は経済副首相兼企画財政相の候補に金東ヨン・亜州大総長(60)を指名。大統領府の政策室長には張夏成・高麗大教授(63)を、外交安保特別補佐官には今月、対米特使として派遣した洪錫ヒョン・前中央日報会長(67)らを起用した。