ゴルフ今平が4日間首位で初優勝 関西オープン最終日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 通算9アンダーでツアー初優勝を果たし、喜ぶ今平周吾=城陽CC

 関西オープン選手権最終日(21日・京都府城陽CC=7037ヤード、パー71)初日から首位の24歳、今平周吾が通算9アンダー、275で逃げ切ってツアー初優勝。賞金1400万円を獲得した。初勝利を4日間首位の完全優勝で飾るのは、日本人では2009年の日本プロ選手権での池田勇太以来。

 6打差の2位は一昨年覇者の片岡大育で、さらに1打差の3位はスンス・ハン(米国)だった。(出場70選手=アマ2、晴れ、気温28・6度、西南西の風1・7メートル、観衆5442人)