昭恵首相夫人が情報発信再開 森友問題には触れず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福島県での田植えに参加した安倍昭恵首相夫人(本人のフェイスブックから、周囲の人の顔に画像加工しています)

 学校法人「森友学園」問題を受けて表立った活動を控えてきた安倍昭恵首相夫人が情報の発信を再開している。フェイスブックからは「夫人外交」などの活動が垣間見えるが、森友学園問題には籠池泰典前理事長の国会証言への反論を3月23日に投稿したのを最後に触れていない。

 本格的な再開は先月21日。東京都内の国連大学で開かれたシンポジウムでスウェーデン王女と環境問題を話し合ったことを紹介した。4月末に安倍晋三首相のロシア、英国訪問に同行した際には、夫人外交プログラムで訪れた医療施設でのやりとりや「食や環境について意見交換しました」とのコメントを書き込んだ。