バスケ、栃木が三河下して決勝へ 王座懸け27日に川崎と対戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 決勝進出を決め喜ぶ栃木の選手たち=宇都宮市体育館

 バスケットボール男子のBリーグ王者を決めるプレーオフのチャンピオンシップは21日、宇都宮市体育館で2戦先勝方式の準決勝が行われ、東地区1位の栃木が2勝1敗で西地区1位の三河を下して決勝に進んだ。27日に東京・国立代々木競技場で中地区1位の川崎と一発勝負で対戦する。

 20日の第1戦を制した栃木は、第2戦は第4クオーターに追い上げたものの63―65で競り負けた。引き続いて行われた前後半各5分の第3戦は12―12の後半終了間際にロシターが得点し、14―12でものにした。三河は比江島、金丸の両エースを中心に得点を重ねて健闘したが一歩及ばなかった。