井上尚、KOで5度目防衛

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2回、リカルド・ロドリゲス(左)を攻める井上尚弥=有明コロシアム

 ボクシングのダブル世界戦が21日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)に3回1分8秒でKO勝ちし、5度目の防衛に成功した。

 井上尚は強打で圧倒し、3回に左で2度のダウンを奪った。24歳の井上尚が13戦全勝(11KO)、27歳のロドリゲスは20戦16勝(5KO)4敗。

 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(大橋)は暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)との統一戦に1回2分45秒でTKO負けし、3度目の防衛に失敗した。