首相、自民改憲案の年内提示を 論議促進に期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 安倍首相=21日

 安倍晋三首相(自民党総裁)は21日、ニッポン放送のラジオ番組収録で、自身が提起した憲法改正に関し「自民党内でしっかり議論し、年内に案をまとめ、国民に示せればと思う」と述べ、党内の議論促進に期待感を示した。党の改憲案に「国民の支持があるか注目したい」とも強調した。首相が党改憲案の取りまとめ目標に言及したのは初めて。

 自身の改憲提案について「批判されても、国民に議論してもらう機運をつくらなければいけないと思った」と狙いを説明した。「私の発言によって現実の問題として皆さんが考え始めた」と一定の効果があったとの認識を示した。