アーチェリーW杯で早川が銅 男子団体で日本3位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アーチェリーW杯の女子個人で3位に入り、表彰式で笑顔の早川漣(右)=上海(全日本アーチェリー連盟提供)

 アーチェリーのワールドカップ(W杯)は21日、上海で行われ、女子個人の3位決定戦では2012年ロンドン五輪団体銅メダルの早川漣(V・ファーレン長崎)がクセニア・ペロワ(ロシア)に7―3で勝ち、銅メダルを獲得した。

 男子団体の3位決定戦では古川高晴(近大職)菊地栄樹(エディオン)杉尾知輝(近大)で組んだ日本がフランスを5―3で破り、3位に入った。(共同)