エイバル乾、バルサから2得点 スペイン1部リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 バルセロナ戦で得点し、チームメートに祝福されるエイバルの乾(上)=バルセロナ(ゲッティ=共同)

 【バルセロナ共同】サッカーのスペイン1部リーグで21日、エイバルの乾貴士がアウェーのバルセロナ戦でフル出場し、2得点した。前半7分に先制ゴールを決め、後半16分にこの日2点目を挙げた。チームは2―4で敗れた。

 先制点は右クロスに左から走り込むと、ゴール左の角度のないところから、ノートラップで左足で蹴り込んだ。2点目は右からの展開で、味方が中央でつなぎ、再びゴール左上隅に決めた。

 乾はこれでスペイン1部リーグ通算6点目となり、大久保嘉人(現FC東京)がマジョルカ時代に挙げた日本選手最多の5得点を更新した。