公道カート安全対策を要請 レンタル業者に、警視庁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 公道を列をなして走るたくさんのカート=東京都港区

 外国人観光客に人気の公道カートの事故が相次いでいることを受け、警視庁は22日、東京都内のレンタル関連業者5社に対して、利用者のヘルメット着用推進など安全対策の強化を要請した。

 外国人観光客への交通ルールの説明徹底、ヘルメットやプロテクターの着用を呼び掛け、走行経路での駐車場確保や、周囲への騒音対策も求めた。

 公道カートを巡っては、車高が低く、周囲の車から見えにくいため危険との指摘があり、国土交通省と警察庁が連携し、安全対策について検討を進める方針。

 警視庁は3月末から都内での公道カートの実態調査を実施。5月21日までにカートによる事故は12件に上った。