政府、キッズウイーク導入検討 長期休暇を分散取得

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する菅官房長官=22日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、小中学校の夏休みなど長期休暇の一部を学校や地域ごとに別の時期に分散取得する「キッズウイーク」の創設を政府内で検討していると明らかにした。子供の休みに合わせて親が有給休暇を取れるよう促し「休み方改革」につなげたい考えだ。

 夏休みのように観光地やレジャー施設が混み合う時期を避けてキッズウイークを設定し、旅行など親子で過ごす時間を確保しやすくする狙い。

 菅氏は会見で「子供の健やかな成長、大人の休み方改革、観光や地域振興の面で効果的だ」と意義を強調。政府内で積極的に施策を取りまとめる考えを示した。