男子ゴルフ、松山は4位に下がる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】男子ゴルフの21日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は日本男子史上最高の3位から4位に下がった。米ツアーの大会で2位に入ったジェーソン・デー(オーストラリア)が入れ替わって上がった。

 1位ダスティン・ジョンソン(米国)、2位ロリー・マキロイ(英国)は変動なし。池田勇太は52位、谷原秀人は58位とともに二つ下がったが、6月15日開幕の全米オープン選手権の出場資格となっている22日時点での60位以内を満たすことが確実となった。宮里優作は113位、小平智は117位となった。