幕内琴勇輝が休場 左膝負傷で3日間の加療

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大相撲の西前頭12枚目、琴勇輝(26)=本名榎本勇起、香川県出身、佐渡ケ嶽部屋=が夏場所9日目の22日、日本相撲協会に「左膝蓋靱帯断裂術後、左膝関節水腫で約3日間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。

 9日目の対戦相手、魁聖は不戦勝。琴勇輝の休場は2015年春場所以来で6度目となる。今場所の十両以上の休場者は横綱鶴竜に続いて2人目。