ソフトB和田投手が左肘手術 復帰まで3カ月

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソフトバンクの和田毅投手

 ソフトバンクは22日、左肘の炎症のため離脱していた和田毅投手が、神奈川県内の病院で内視鏡による骨片を除去する手術を受けたと発表した。復帰まで約3カ月の見込み。工藤監督は「(リハビリを)急げとは言いたくない。しっかり治してほしい」と慎重な姿勢だった。

 今季6年ぶりの開幕投手を務めた和田は、4月7日の西武戦で2試合連続勝利を挙げたが不調を訴えて5回で降板し、同月11日に出場選手登録を外れた。その後、ブルペン投球を再開したものの状態が上がらず、手術を検討していた。

 米球界から復帰1年目だった昨季は15勝5敗で最多勝と勝率第1位の2冠に輝いた。