高速通信をスカイツリーで ドコモと東武が体験施設

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東武鉄道の電車内で行われた、5G通信のデモンストレーション=22日午後、東京都内

 NTTドコモと東武鉄道は22日、超高速通信が可能な第5世代(5G)の通信システムを体験できる「5Gトライアルサイト」を東京スカイツリー(東京都墨田区)で始めた。展望デッキから撮影した高精細な4K映像を5G通信によって東京スカイツリータウン・ソラマチ1階にリアルタイムで送信、大画面で見ることができる。

 5Gは、現在の4Gに比べて通信速度が10倍以上になる見込み。携帯各社は20年ごろの商用化を目指している。スマートフォンなどで4K映像をスムーズに楽しめるようになる。ドコモの吉沢和弘社長は報道陣の取材に応じ「料金水準は(現状を)据え置くのが目標だ」と言及した。