保護主義対抗で異例の声明 政府とWTO、協調確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 政府と世界貿易機関(WTO)は22日、保護主義への対抗と自由貿易推進で協調することを盛り込んだ共同声明を発表した。政府が国際機関と個別に声明を出すのは異例。21日に閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合が反保護主義を強く打ち出せなかったことへの危機感が背景にある。声明はWTOの重要性も明記し、多国間の貿易協定に否定的なトランプ米政権をけん制した。

 12月のWTO閣僚会議に向け、緊密に連携することも確認した。

 声明は「自由で公正なルールに基づく貿易は、経済成長や持続可能な開発の主要な原動力である」と指摘。