元教諭の停職処分取り消し 君が代不起立、1人は敗訴

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 判決後、記者会見する根津公子さん(左)ら=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 都立学校の卒業式で君が代斉唱の際に起立しなかったなどとして停職6カ月の処分を受け、その後定年退職した教諭2人が、処分は違法だと訴えた訴訟で、東京地裁(清水響裁判長)は22日、1人の処分は重すぎるとして取り消す一方、もう1人については適法と判断した。2人の損害賠償請求はいずれも棄却した。

 2人は過去にも卒業式で校長の職務命令に従わなかったとして処分を受けたことがあり、この時の訴訟では、取り消しと賠償を認める判決が確定。今回、全面敗訴となった根津公子さん(66)は記者会見で「以前の判決より後退した内容で残念だ」と話した。2人とも控訴する方針。