共謀罪、23日衆院通過の見通し 首相「確実な成立目指す」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院議院運営委員会の理事会に臨む佐藤勉委員長(中央)ら=22日午後、国会

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案は23日の衆院本会議で採決される見通しとなった。衆院議院運営委員会の佐藤勉委員長は22日の理事会で、本会議の23日開催を職権で決定。与党は衆院通過のため採決強行も辞さない構えで、24日に参院で審議入りしたい意向だ。安倍晋三首相は22日の自民党役員会で「重要法案の確実な成立を目指し緊張感を持って終盤国会に臨む」と表明。野党は「審議を通じ混迷が深まった」(野田佳彦民進党幹事長)とし、審議続行を求めた。

 首相は公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、改正案について「会期内成立のため、協力をお願いしたい」と要請した。