トランプ氏、中東和平打開へ意欲 イスラエルを訪問

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 22日、現職米大統領として初めてエルサレム旧市街のユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪問したトランプ大統領(AP=共同)

 【エルサレム共同】就任後初外遊中のトランプ米大統領は22日、イスラエルを訪問した。ネタニヤフ首相が空港で出迎えた歓迎式典でトランプ氏は中東の平和と安定を実現する「またとない機会が目の前にある」と述べ、協力して取り組むよう訴えた。暗礁に乗り上げている中東和平交渉の打開に向け、仲介役への意欲を明確化。歴代米政権が果たせなかった和平を「取引外交」で実現できるのか手腕が試される。

 ネタニヤフ氏は式典で「トランプ氏の訪問がイスラエルとアラブの和解と平和につながる歴史的な出来事となることを望む」と表明。両国の同盟強化にも期待を示した。