列島各地で30度超えの真夏日 熱中症に注意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本列島は22日、広い範囲で高気圧に覆われ全国の128地点で30度を超える真夏日となった。気象庁は23日も暑さが続くとして熱中症に注意するよう呼び掛けている。

 群馬県館林市では最高気温が34・2度、埼玉県熊谷市で33・2度、栃木県佐野市で32・9度を記録した。東京都心は29・0度、大阪市は29・4度、福岡市は28・1度だった。

 5月の観測史上最高を記録したのは、岩手県一関市千厩町31・6度、宮城県栗原市32・1度、福島市飯坂町32・3度。

 気象庁によると、23日も全国的に高気圧に覆われるが、気圧の谷の影響で曇りや雨となるところもある。