サッカー、マインツの監督退任 独1部で武藤ら指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで武藤嘉紀のマインツは22日、マルティン・シュミット監督の退任を発表した。クラブと監督双方の合意の上という。後任は未定。

 同監督は2015年2月から当時所属した岡崎慎司(レスター)や同年夏に加入した武藤らを指導した。成績低迷の今季は15位に終わり、最終節で1部残留を決めた。