警視庁機動隊が観閲式 「安全な東京の実現を」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 警視庁機動隊の観閲式で行進する女性警察官部隊=23日午前、東京都新宿区の明治神宮外苑

 警視庁機動隊の観閲式が23日、東京都新宿区の神宮外苑であり、沖田芳樹警視総監や幹部が見守る中、隊員約1900人が行進した。機動隊は今年で創設69周年。

 沖田総監は訓示で2020年の東京五輪・パラリンピックに向け「世界一安全な都市、東京を実現するにあたり、中枢を担うのは警視庁機動隊だ。活力ある強靱な警視庁を体現してほしい」と述べた。

 第1から第9までの各機動隊と、特科車両隊やテロの初動対応に当たる緊急時初動対応部隊(ERT)が隊列を組んだ。これまで制服姿だった女性警察官部隊も初めて装備を全て身に着けて行進に加わった。