甲状腺がん手術で男性死亡 名古屋大病院、遺族に謝罪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 名古屋大病院(名古屋市昭和区)は23日、2015年7月に同病院で甲状腺乳頭がんの手術を受けた三重県の20代男性患者が、手術の翌日に死亡したと発表した。病院側は診療行為が不適切だったとして、遺族に謝罪した。賠償も検討している。

 同病院によると、手術の翌朝、男性の肩から首にかけて腫れがあるのを看護師が見つけ、医師に連絡。医師は経過観察を指示した。男性はその後、強い呼吸困難を訴えて心肺停止に陥り、駆け付けた医師が蘇生を試みたが死亡した。手術後に出血が長時間続き、できた血腫が気道を圧迫して窒息したと考えられる。

 石黒直樹病院長は「おわびしたい」と陳謝した。