東都大学野球、東洋大が優勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日大戦で9回1失点と好投し、12季ぶり17度目の優勝に貢献した東洋大・飯田=神宮

 東都大学野球春季リーグ最終週第1日は23日、神宮球場で行われ、東洋大の12季ぶり17度目の優勝が決まった。東洋大は6月5日開幕の全日本大学選手権に出場する。

 第1試合は優勝の可能性を残していた国学院大が亜大との3回戦を延長十一回の末に8―11で落とし、7勝5敗1分けの勝ち点3で全日程を終えた。この時点で6勝2敗の勝ち点3だった東洋大を上回れなくなった。

 第2試合は東洋大が日大との1回戦に臨み、10―1で大勝した。これで今季の順位が確定し、同率の2位に亜大、国学院大、中大が並び、5位は日大、最下位は専大となった。