死亡警察官と同じ装備公開 防護衣や警棒、新潟県警

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1971年の渋谷暴動事件で指名手配された中核派活動家の大坂正明容疑者(67)とみられる男を大阪府警が公務執行妨害容疑で逮捕したのを受け、新潟県警は23日、事件で死亡した巡査中村恒雄さん=当時(21)、殉職後警部補に昇任=が身に着けていたのと同型の装備品などを公開した。

 事件の風化を防ぐため新潟県警察学校で展示している品を公開。東京・渋谷のデモ現場で当時、中村さんと一緒に警備に従事した警察官が実際に使った防護衣や警棒、手錠のほか、中村さんの遺影が飾られている。

 中村さんは71年11月、デモの警備に派遣されていた際に火炎瓶などで襲われ、やけどを負って死亡。