オリックス奥浪選手が免停中事故 球団、無期限の謹慎処分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 オリックスは23日、奥浪鏡内野手(21)が運転免許停止中の22日に大阪市内で乗用車を運転し、2人乗りのバイクと接触事故を起こしたと発表した。転倒した2人は軽傷という。球団は同内野手に無期限の謹慎処分を通告した。

 球団によると、奥浪内野手は17日にスピード違反で30日間の免許停止処分を受け、球団に報告しないまま選手寮近くで運転し、事故を起こした。長村球団本部長は「非常に重く受け止めている。選手には今まで以上に厳しく注意喚起していきたい」と話した。

 奥浪内野手は2014年に岡山・創志学園高からドラフト6位で入団。今季1軍出場はなかった。