朴被告、親友崔被告と審理併合 ソウル中央地裁、公判を迅速化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソウル中央地裁の法廷で公判開始を待つ韓国の朴槿恵前大統領(前列左)。右端は崔順実被告=23日(共同)

 【ソウル共同】収賄罪などに問われた韓国前大統領、朴槿恵被告(65)の23日の初公判で、ソウル中央地裁の金世潤裁判長は、朴前大統領側が、共謀したとして起訴された親友の崔順実被告(60)と審理を分離するよう求めたことを受け入れず、併合審理を決めた。

 朴前大統領の起訴はソウル中央地検が、崔被告の起訴は特別法に基づく特別検察官が、それぞれ主に担った。併合されることで地検と特別検察官チームが一体で立証を行い、審理が迅速化される見通しだ。