白鵬、日馬富士が全勝守る 高安2敗、稀勢の里4敗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 白鵬(左)が寄り倒しで高安を下す=両国国技館

 大相撲夏場所10日目(23日・両国国技館)横綱白鵬は、大関とりの関脇高安を寄り倒し、平幕栃煌山を寄り切った横綱日馬富士とともに全勝を守った。高安は2敗目。

 左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は関脇琴奨菊に寄り切られて、2連敗で6勝4敗となった。大関陣は照ノ富士が勝ち越し、かど番の豪栄道は6勝目を挙げた。

 1敗が消え、勝ちっ放しの2横綱を追う2敗は、照ノ富士、高安に平幕の正代、宇良、栃ノ心の計5人。十両は竜電が3敗で単独首位に立った。