統幕長、9条明記「ありがたい」 政治的中立から論議も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本外国特派員協会で記者会見する河野克俊統合幕僚長=23日午後、東京・有楽町

 防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長は23日、東京の日本外国特派員協会で行われた記者会見で、安倍晋三首相が憲法9条への自衛隊明記を提起したことについて問われ「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば非常にありがたいと思う」と発言した。

 河野氏は「憲法は高度な政治問題なので、統幕長の立場で申し上げるのは適当ではない」と断った上で発言したが、自衛隊法は隊員の政治的行為を制限している。憲法改正は安倍政権の重要なテーマとなっており、「政治的中立」の観点から論議を呼ぶのは確実だ。