カンヌ映画祭で河瀬監督が会見 「映画を愛する人たちへ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第70回カンヌ国際映画祭の会場で記者会見する(左から)藤竜也さん、河瀬直美監督、永瀬正敏さん=23日、フランス・カンヌ(共同)

 【カンヌ共同】第70回カンヌ国際映画祭の最高賞を競うコンペティション部門に「光」を出品している河瀬直美監督や出演者らが23日、映画祭会場で記者会見した。河瀬監督は「闇の世界に差す一筋の光を表現したこの映画を、世界中の映画を愛する人たちにささげたい」と語った。

 「光」は視力を失いゆくカメラマン(永瀬正敏さん)と、視覚障害者向けの映画の音声ガイドに携わる女性(水崎綾女さん)のラブストーリー。

 授賞結果は28日夜(日本時間29日未明)に発表される。