民進、女性宮家明記が賛成の条件 退位特例法案で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党は23日の「次の内閣」会合で、天皇陛下の退位を実現する政府の特例法案について協議し、大串博志政調会長に賛否を一任すると決めた。大串氏は会合後、記者団に対し、法案採決に伴う付帯決議案に「女性宮家」創設を明記することが賛成の条件になると説明した。「非常に高いハードルが残っている」と述べた。

 皇族減少対策を巡り、政府に検討を求める項目として、女性宮家の文言を盛り込むことに慎重な自民党の譲歩を促す狙い。自民、民進両党は特例法案を衆院議院運営委員会で審議入りする前に、付帯決議案をまとめることが重要だとの認識で一致している。