安保理、北朝鮮ミサイル発射非難 制裁強化、対話重視論も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 23日、国連安全保障理事会の緊急会合後に記者会見する別所浩郎国連大使=米ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は23日午後(日本時間24日未明)、北朝鮮が21日に中距離弾道ミサイルを発射したことを受け、非公開の緊急会合を開き、各国大使はミサイル発射を強く非難した。外交筋によると、開催を要請した日米韓3カ国は、追加制裁を含む一層の圧力強化を訴え、中国などは北朝鮮との対話を通じた平和的な解決を模索すべきだと主張した。

 中国の劉結一国連大使は記者団に、過去の北朝鮮制裁決議を履行する重要性を指摘する一方で「現状で対話をしない理由はない。対話を通じて緊張を緩和させるべきだ」と強調した。