自公「共謀罪」法案会期内成立を 民進代表、廃案しかない

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は24日午前、東京都内のホテルで会談し、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の23日の衆院通過を受け、今国会中に成立させる方針を確認した。一方、民進党の蓮舫代表は連合との意見交換会で「乱暴な国会運営がまかり通っている。廃案しかない」と強調した。

 政府、与党は6月18日までの国会会期を延長することも視野に置いている。与党幹事長会談に同席した自民党の竹下亘国対委員長は他の重要法案を含めた会期内成立に向けて「最大限の努力をする」と記者団に述べた。