菅氏、統幕長発言を「問題ない」 憲法9条改正巡り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 菅義偉官房長官は24日の記者会見で、防衛省の河野克俊統合幕僚長が憲法9条に自衛隊を明記する安倍晋三首相の改憲案を「ありがたい」と歓迎した発言を問題視しない考えを示した。隊員の政治的行為を制限した自衛隊法との関係を問われ「高度に政治的な件について、統幕長として答えることは適当ではないと明確にした上で、個人の見解という形で述べた。全く問題ない」と説明した。

 河野氏は23日、日本外国特派員協会での記者会見で、首相の提案を巡る質問に「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば非常にありがたいと思う」と述べた。