食品工場でガス、16人搬送 横浜・磯子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ガスを吸った従業員が搬送された食品加工会社「フーズシステム」の工場=24日午後、横浜市磯子区

 24日午前10時5分ごろ、横浜市磯子区新磯子町の食品加工会社「フーズシステム」の工場の従業員から「作業中にガスが発生した」と119番があった。市消防局によると、ガスを吸って気分が悪くなった従業員ら16人が病院に搬送され、うち男性1人が重症という。

 磯子署によると、冷凍マグロを解体する機械を消毒するために薬品を調合中だった。誤って塩酸と次亜塩素酸ナトリウムなどの薬品を混ぜたとみて、署が原因を調べている。

 現場はJR磯子駅から北東約900メートルの工場などが立ち並ぶ地域。