愛媛県知事「内閣府から助言」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 愛媛県の中村時広知事は24日、定例の記者会見で、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園(岡山市)が同県今治市に獣医学部を新設する計画を巡り、県は内閣府から「構造改革特区と国家戦略特区の窓口が一体化するので、そこに申請をしたらどうかと言われ、助言と受け止めた」と説明した。

 知事は4月の記者会見で内閣府から助言を受けたと発言。23日に内閣府の藤原豊審議官は参院農林水産委員会で「そういった事実はない」と否定していた。

 愛媛県と今治市は過去に計15回、構造改革特区で獣医学部新設の申請をしてきたが認められなかった。助言を受け一体化した窓口に申請したところ、国家戦略特区として認められたという。

 知事によると、2013~15年度に開かれた内閣府の四国ブロック会議で、国家戦略特区制度についての説明を受けていた。15年に県の担当者が内閣府に出向いた際、一体化した窓口への申請を助言されたという。