企業爆破の大道寺死刑囚が病死

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大道寺将司死刑囚

 1974~75年の連続企業爆破事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定した「東アジア反日武装戦線」の大道寺将司死刑囚(68)が24日午前11時39分、多発性骨髄腫のため東京拘置所で死亡した。法務省が同日発表した。

 三菱重工爆破など一連の企業爆破事件で、87年に最高裁で死刑が確定した。

 確定判決によると、大道寺死刑囚は益永利明死刑囚(68)らと共謀し74年8月30日、東京都千代田区の三菱重工ビルを爆破し死者8人、重軽傷者165人を出したほか、74~75年にアジア進出企業などに対する爆破事件を起こした。

 2015年11月27日に第5次再審請求をしている。