村田判定負けでJBCが抗議文 世界ボクシング協会に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 20日、アッサン・エンダム(左)に判定で敗れた村田諒太=東京・有明コロシアム

 日本ボクシングコミッション(JBC)は24日、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)が判定負けした20日の世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦の採点について、WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長に文書で抗議したと発表した。採点結果を再検証し2週間以内の回答を強く要請した。文書は23日付。

 アッサン・エンダム(フランス)との試合の判定は1―2と割れた。ジャッジ3人による判定は1人が117―110で村田、残る2人は116―111、115―112とエンダムを支持した。