競馬、アルアイン2冠へ俊敏 日本ダービー最終追い切り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本ダービーの最終追い切りで、仕上がりの良さをアピールするアルアイン(左)=栗東トレーニングセンター

 第84回日本ダービー=東京優駿=(28日・東京2400m芝、G1)の最終追い切りが24日、美浦、栗東のトレーニングセンターで行われ、栗東では皐月賞に続く春のクラシック2冠を狙うアルアインが、やや軽めながら俊敏な動きで仕上がりの良さをアピールした。

 1週前にCW(ウッドチップ)コースで長めをじっくりと追われており、体づくりは完了。この日は軽く流したが、それでも200m走ったあたりからペースが上がり、首差先着してのフィニッシュだった。「体全体をしっかりと使えていた。前走後も順調そのもので皐月賞馬として自信を持って乗りたい」と松山弘平騎手は意欲を燃やす。