中国吉利に株式売却へ マレーシア自動車大手プロトン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【クアラルンプール共同】経営再建中のマレーシアの自動車大手プロトンの親会社「DRBハイコム」は24日、プロトン株式の49・9%を中国自動車大手の吉利汽車を傘下に持つ浙江吉利控股集団に売却すると発表した。吉利はプロトン傘下の英スポーツカーメーカー、ロータスの株式51%も取得する。

 吉利とDRBハイコムは同日、基本合意書に署名、7月末までに最終合意する。吉利はプロトンの研究開発や製造を支援、「東南アジアの一流ブランドに育てる」としている。

 プロトンはマレーシアのマハティール首相(当時)が提唱した「国民車構想」により1983年に設立。