森友、6月9日めどに保育士確保 系列園、大阪市に文書

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 学校法人「森友学園」系列の「高等森友学園保育園」(大阪市淀川区)が保育士不足に陥っている問題で、同保育園は24日、「遅くとも6月9日をめどに保育士が確保できるよう尽力する」との内容の文書を大阪市に提出した。

 市は7月1日に事業停止命令を出す方向で手続きを進めており、同保育園に対し文書での説明を求めていた。

 市によると、同保育園は文書で、新たに職員7人を雇用したと説明したが、同封されていた雇用契約書の写しに雇用した人の氏名や押印がないなど不備があった。市は「現状では停止命令に向けて手続きを進めざるを得ない」としている。