自民、改憲案へ議論加速 本部長「早く国民投票」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 自民党憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長=24日午後、東京・永田町の党本部

 自民党は24日、憲法改正推進本部の会合を開き、安倍晋三首相(党総裁)が指示した年内の党改憲案取りまとめに向けて議論を加速させる方針を確認した。推進本部の態勢を強化するため、二階俊博幹事長ら党執行部役員の参加を正式発表し、党を挙げて改憲論議を本格化させる。本部長の保岡興治元法相は「一日も早く改憲の国民投票にこぎ着けられるよう頑張る」と決意を示した。

 首相は、憲法9条への自衛隊明記などを例示して2020年の改正憲法施行を目指すと表明している。これを踏まえ、党内論議では9条、教育無償化、大災害時の緊急事態条項が主要テーマとなる見通しだ。