神1―3巨(24日) 巨人の代打亀井が適時打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 8回巨人1死二塁、代打亀井が右前に適時打を放つ=甲子園

 巨人は八回1死二塁から代打亀井の右前打で均衡を破り、九回に長野の2点三塁打で加点した。森福が移籍後初勝利。阪神は能見が7回無失点と好投したが、打線が五回無死三塁を生かせず、送りバント失敗もあって援護できなかった。