85歳女性が自宅で殺害、石川 1人暮らし、背中に刃物

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 24日午前10時40分ごろ、石川県宝達志水町散田の住宅で、この家に住む無職安達幸さん(85)が背中に刃物が刺さった状態で死亡しているのを、訪れた親族が見つけた。県警は殺人事件と断定し、羽咋署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、安達さんは平屋建ての住宅で1人暮らし。風呂場で服を着てうつぶせの状態で倒れており、背中以外に目立った外傷はなかった。血痕は他の部屋にはなく、捜査本部は風呂場で殺害されたとみており、司法解剖して死因の特定を急ぐ。

 数年前に亡くなった安達さんの夫の月命日で訪れた親族が発見。玄関の鍵はかかっておらず、室内に荒らされた痕跡はなかった。