メッシの上訴棄却、脱税の罪 収監されない見通し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 脱税の罪に問われていたサッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナのメッシに対して、スペインの最高裁判所は上訴を棄却した。AP通信が24日に報じた。2007~09年に410万ユーロ(約5億1250万円)を脱税したとされるメッシは禁錮1年9月の判決を言い渡された。ただ、スペインでは初犯で2年未満の禁錮刑の場合、執行を猶予される慣例があり、収監されない見通し。

 昨年の裁判で言い渡されていた200万ユーロ(約2億5千万円)の罰金は変わらなかった。(共同)