ジャカルタで爆発3人死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 爆発が起きた現場付近に到着した警官ら=24日、ジャカルタ(AP=共同)

 【ジャカルタ共同】インドネシア警察によると、首都ジャカルタ東部のバスターミナル付近で24日夜、2回の爆発が起き、警官3人が死亡、警官5人を含む10人が負傷した。警察は「自爆と疑われる」と発表、自爆犯とみられる2人も死亡した。警察は警官が標的にされたテロの可能性もあるとみて調べている。

 今月末から始まるラマダン(断食月)を控え、警察はテロ対策などのため警備を強化。自爆現場近くでは、人々がたいまつを持って歩くラマダン前の行事が予定されており、死傷した警官らは警備に動員されていた。

 負傷した残る5人は学生ら一般人。