NY株、2万1千ドル回復 2週間ぶり、74ドル高

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続伸し、前日比74・51ドル高の2万1012・42ドルで取引を終えた。節目の2万1000ドルを終値で約2週間ぶりに超えた。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の内容から、利上げなどの金融引き締めはあくまでゆっくりと進むとの見方が広がり、買い安心感につながった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は24・31ポイント高の6163・02だった。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は5・97ポイント高の2404・39と、約1週間ぶりに過去最高値を更新した。